「消費者金融への過払い金回収ビジネス」で儲ける弁護士たち

古くから消費者金融を利用している方は、過払い金が戻ってくるかもしれません。昔は弁護士がCM広告を打つことは稀でしたが、最近は過払い金請求を中心として露出することが増えてきました。なぜ弁護士が過払い金回収に積極的になるかというと、非常に利益率の高い案件だからです。弁護士が受け取る報酬は回収額の25%程度なので、100万円戻ってくれば25万円の報酬となります。不況になるほど裁判が減るという現実から、弁護士がおいしく稼ぐには過払い金を回収するのが一番というわけです。

消費者金融はかつてグレーゾーンで融資をしていましたが、グレーゾーン分の利息だけでも相当に大きなものとなります。現在は利息制限法によって実質年率はかなり低くなっています。現在15.0%で借りている方も、10年前は25.0%以上で借りていたかもしれません。同じ消費者金融であっても、今と昔では10%を超えるほど金利に差があったケースがめずらしくありません。借り入れが大きくなると1%でも大きな利息となりますから、10%超えというのは大変な利息の差につながります。

消費者金融に過払い金の請求をした場合、平均して100万円~150万円も戻ってくると言われているのです。法律事務所によって回収額は変わってきますが、これは弁護士のスキルに加えて、どのような業者に対して返還請求をしているかも関係しています。回収しやすい業者もあれば、回収しにくい業者もあるわけです。
関連サイト